会社概要 利用規約 プライバシー 免責事項 
2000円札流通促進作戦!「なんじゅね?」

第1話のまとめ

写真ブログ」とテレビ放送を織り交ぜて「なんじゅね?」第一話をダイジェストで紹介!なお、ワッチミー!TVでも動画の一部を公開中。

9月5日:日銀那覇支店へ
日銀那覇支店前にて。

この時点で彼らはTV番組の出演者になるという事以外何も告げられていない........
TVでの放映はこの後日銀那覇支店に突入する所から始まります。


TVで放映された日銀の応接室での様子。
日銀那覇支店長の曽我野さん(写真右手前))と2000円札流通促進委員会の委員長湖城さん(写真右奥)。

実は出演者3名、収録の中で湖城さんから「記念にいただけないでしょうか」と、ちゃっかり2千円札をいただいております。


9月6日:津波さんの指令
そして翌日(9/6)、彼らの所属劇団のボス、津波さんに呼び出され正式に2000円普及の旅に出るように命じられます。
この時点で津波さんからは、
1:2000円札を全国に広める
2:目標は10000人
3:各県最低100人
4:まずは鹿児島に向けて出発するのがいいだろう
という情報が伝えられます。


撮影収収録後、夜は3人で居酒屋でビールを飲んで、これからの旅の相談。3名とも、これからどうなるのか不安で一杯なのでまずはビールを一杯!


9月8日:ADタケフシ登場
TVでは登場しませんが、ブログでは大活躍の「ADタケフシ」。主な仕事は取材車の運転。
しかし、免許をとってまだ1週間!
この後9/9に沖縄入り。以後車の運転・撮影の補助・編集の補助等々の作業で、ほぼ1日24時間勤務状態になる....が、その運命にこの時には気がついていない。

ちなみに出演者の島袋さんとメガネがかぶるが、見分け方は長髪の方がADタケフシ。


9月9日:守礼門にて、旅の始まり
首里城の守礼門前。ここで津波さんから旅のルールが言い渡されました。

@ 2000円札に交換してもらった人には必ず署名をしてもらうこと
A 各県に入る時、出るときは必ず3人一緒。
B 生活費は1日2000円(食費、宿泊費、交通費込)1ヶ月分を前払いとする。
C ヒッチハイクは禁止。移動は公共交通機関を使用。
D アルバイトで、お金をもらうのは禁止。
E 旅の最中は、禁欲生活!


上記放映のロケ風景です。首里城の守礼門は2000円札の図柄です。
この日のこのロケの直後から普及活動の旅が始まります。したがって、ルールもこの日から適用されます。当日は全員バスで帰宅!中には6年ぶりにバスにのる者も。



9月11日:普及活動へ、歩く!
県外からの観光客も多い国際通りで普及活動(自宅からここまではもちろん徒歩)。
TVカメラもついているので普及は容易!と思っていたのですが、意外と説明に手間取りペースがあがりません。
それにしても、彼ら、女の子ばっかりに普及活動しているような気がするのですが....
 


活動の一環として、沖縄テレビ(OTV)の社屋で2000円の普及をしていた彼らは、テレビ局部長に「あの〜、食事をご馳走してくれませんか?」と図々しく御願い。部長は「よし、いいだろう」と快諾。

連れて行かれたお店はステーキハウス!!
うー、まじ美味そう!食べたーい!!!

が、しかし........



世の中そんなに甘くない!

さすが沖縄テレビのテレビ局部長。どうすれば番組が面白くなるかをよくご存知!

「おごりというのは、慢心の驕り(おごり)を戒めなきゃって事で、ご馳走するって意味じゃないよ!」

との事。ステーキ大盛り一人前1900円、マジで自腹で払いました(笑)。



9月13日:お別れの挨拶
出演者3人は明日のフェリーで鹿児島に旅立ちます。
その前に彼らの所属する劇団、チームスポットジャンブルの座長の津波さんと劇団員の皆に別れの挨拶。

フェリーは明日の朝、朝の7時に那覇を出発。という事は午前4:00頃には出発する必要があります。


9月14日:いよいよ沖縄を離れる!
朝の4:30に港に向けて歩く出演者。港に向けてひたすら歩く!乗り遅れたら大変、果たして間に合うのか?



どうにか時間に間に合った!
フェリー乗り場では劇団のメンバーが見送りにきてくれていました。
うーん、仲間っていいもんですね。



フェリーに乗り込む三人(写真左)。そして島袋母の愛情のこもった手作りのポーク卵おにぎり(写真右)。
母の愛を噛みしめながら、ついに沖縄出発の時がやってきました。ちなみに放送での三人の最後の言葉は

「いきたくねー」

だったりします(笑)。期待と不安の入り混じった出発で、第一話終了!。
 


戻る

会社概要 利用規約 プライバシー 免責事項 
(c) TEGLET Corp. 1987-2017