会社概要 利用規約 プライバシー 免責事項 
2000円札流通促進作戦!「なんじゅね?」

日本銀行那覇支店で大使に任命!

関係者の努力の結果、2000円札流通促進大作戦の「沖縄・東京の旅」に参加する若者3名がきまりました。津波さんからの指名です。そして今日、2006年9月5日、これらの3人が日本銀行那覇支店をお邪魔し、2000円札大使に任命されました。とっても名誉なことです!

沖縄から東京まで旅をしながら、全国に2000円札の存在を知らしめ、その流通普及に携わることに決まった3名です。左から島袋小渡(おど)、末吉。彼らはTeam Spot Jumbleのメンバーです。


津波さんに呼び出され、日本銀行那覇支店へ行くようにと突然いわれた3人は、わけもわからず、しかし堂々と、日本銀行那覇支店の正面玄関から大きな声で挨拶しながら、中へと入っていきました。結構図々しい面々です。でも元気で気持ちいいです。

ところがなんと、彼らを待っていたのは「沖縄都市モノレール株式会社」の湖城社長と、日本銀行那覇支店の曽我野支店長の二人だったのです。

いきなりラッキーな3人です
まず、曽我野支店長からは、日本の紙幣の話、2000円札の流通状況などの説明がありました。紙幣のうちその総額の約60%が一万円札、約30%が千円札、8%強が五千円札、そして二千円札はわずかに1%強だそうです。

湖城社長には、2000円札に込められている平和に対する願いを熱く語っていただきました。そもそも絵柄である「守礼門」には平和への願いがあるそうです。

記念紙幣と勘違いしている人が多いですが、この二千円札は流通を目的とした立派な一般紙幣なのです。
右上の写真は右から、曽我野支店長、湖城社長、島袋、末吉、そして小渡です。

最後に彼らは「2000円札大使」の認定証を授与されました

今回のこの企画に携わるものの一人として曽我野支店長や湖城社長から貴重なお話をうかがうことができ、とてもうれしい次第です。しかし、どうも「大使」の三人は、本当に今日うかがった話を理解しているのか、ちょっと不安です。これから、彼らはどのように今日の言葉を理解し、消化し、考えていくのか、見ものです。


戻る

会社概要 利用規約 プライバシー 免責事項 
(c) TEGLET Corp. 1987-2017