会社概要 利用規約 プライバシー 免責事項 
2000円札流通促進作戦!「なんじゅね?」

長崎のまとめ

2006年9月29日から10月1日まで滞在した長崎。やはりはじめての朝は公園でした。
詳しくは「写真ブログ」も参照してください。

◆ 佐賀から長崎県佐世保市へ・・・・
夜、佐世保市へ入ったものの、宿が見つからず(金もない)、結局公園での野宿でした。右写真は彼らが一晩過ごした「ベッド」です。


しかし、今日は一つの目標が!それは2000円普及(+署名)が1000人を超えようとしていたのです!

市内ではもちろん女性を中心に!普及活動。仕方ない、だって彼らは自称・イケメントリオ。

そして1000人目は「佐世保バーガー」のお店の店長さん!おめでとう1000人!あと9000人だ(涙)

ということで、1000人への普及を記念して、佐世保バーガーを食べました。普段、超節約旅行の為に、自分で金を払って旨いものを食べることはきわめて少ないのですが、今日は特別です。ちなみに少しアホでごめんなさい。

ちなみにこれらの写真を見た東京のスタッフは、早速ハンバーガーのおやつを食べていました。


佐世保市といえば、ハウステンボス。市内から電車で270円!安い!ということで、ハウステンボスへ。2000円札企画をハウステンボスでアポなし提案をするが・・・・玉砕。残念でした。



しかし、その夜は、ハウステンボスのすぐ近くにある、「鐘のなる丘」でお世話になることになりました。ベッドで眠れる!という彼らにとってはとてつもなく贅沢な夜です。


「鐘のなる丘で

昨日は、鐘のなる丘の施設長、中村静香さんの息子である中村太舟さんに、旅の話しを聞かせて欲しいということで泊めていただきました。太舟さんは、脳性小児麻痺で言葉は喋れませんが、僕よりパソコンを使いこなせるインテリな人!よく笑う人です。特にオッディ−の変顔で(笑)
静香さんは、難産で産まれたため脳性小児麻痺になってしまった太舟さんを育てるため、自分の時間ほとんどを使いました。そうなると余裕がなくなり、太舟さんに対して時には憎しみに近い感情が起きたこともあり、お互いだめになってしまうのでは、と思ったそうです。そのため小規模の重度身体障害者施設を設立し、息子さんのためにも自分のためにも無理をしない環境を作りました。それがここ鐘のなる丘です。ここから太舟さんは、辛いリハビリ生活をスタートして、今はパソコンを使いこなせるようになっています。静香さんがいなくなっても、この鐘のなる丘があれば、いろんな人と交流できる。そうすれば、人という財産を残し、寂しい思いをしなくていい。そういう思いでここを建てられたそうです。
母の愛を感じた僕らは、泣きそうでした(:_;)
この施設の人達は、温かく僕たちを迎え、三食も食べさせてもらいました。本当にありがとうございました。
太舟さんそのうちメール送りま〜す。」


ハウステンボスでの企画はできませんでしたが、ご好意により無料で中を見学させていただきました。完全にリフレッシュ!
次に目指すのは長崎市。
長崎に向かう電車の中で韓国からの旅行者、リーさんに会いました。旅っていいですね!
ってなわけで、長崎市の一泊目はまた公園
そして朝から活動!これはめがね橋
すると、この企画をネットで知った人が!
でもって、今回はノボリを作ることに
手作りです。ホームセンターで材料を買い、作りました。目立ちます!そして・・・・
目立つから、どんどん普及で来ちゃいます!上の写真はおにぎり持参で応援に来てくれた、スコットさん(長崎弁ぺらぺら)
スコットさんから「あと、100人普及したら家に泊めてあげるよ」と提案があり、張り切りました!!!
その夜はスコットさんたちと、特別な「2000円ぽっきりパーティー」でした。末吉はここで熱唱!喝采を浴びていました。さすが沖縄でバンドのボーカルをやっているだけある!
ということで、その後長崎を後にして、佐賀、福岡経由で下関へ向かいました。ここでお詫びです:

「我々二千円札大使は、時間とマネーの都合により大分、宮崎に行けませんが、きっと平和希求紙幣である二千円札が街にあふれかえる日がやってくるでしょう♪
我々の計画ミス、力のなさでこういった結果になりましたが今後とも我々の旅を暖かく見守っていてくださいませんでしょうか!?
応援よろしくお願いします(^0^)/本当に心からすみませんでした。
我々二千円札大使は成功と失敗を繰り返し日々成長し続けるでしょう。
沖縄そして九州の皆様のお力とご声援と平和への願いを胸に我々は一万人達成を誓います☆
ありがとう九州☆
では行ってきます☆」

戻る

会社概要 利用規約 プライバシー 免責事項 
(c) TEGLET Corp. 1987-2017